コラム

【中級者向け】APEXで勝つための知識【徹底解説】

【中級者向け】APEXで勝つための知識【徹底解説】

こんにちは!GP-ZEROのナカムラです。

今回は大人気バトルロイヤルFPSゲームAPEX Legendsで勝っていくために頭に入れておきたい知識を解説していきたいと思います。こんだけ大ぶろしきを広げて大丈夫なのかという不安もありますが、できるだけわかりやすく理論的に説明していきたいと思います。

あらかじめ言っておきますが、この記事を全て理解しても絶対に勝てるというわけではないです。ただ、知っている人と知らない人とでは勝率に差が出ると思います。

私自身、最高ランクダイヤ3という中途半端な強さですが、現在ダイヤ帯の友人、プレデターになったことがある友人にゲームプレイにおける考え方を聞いて共通しているところをまとめたり、プロゲーマーやストリーマーのプレイ動画などをヒントに、いろいろと考察してみました。

ゴールド、プラチナからなかなか上のランクに上がれない方などに参考にしていただけると幸いです。最後までお付き合いよろしくお願いします。

目次

1.APEXのゲーム性を理解する

2.キャラピックにおける考え方

3.固定を組むべき理由

4.PCのスペックについて

5.周辺機器・環境について

1.APEXのゲーム性を理解する。

まずここではAPEX及びFPSというゲームの基礎的な話からしていきたいと思います。基本的にFPSで撃ち合いの場面になると人数が多いほうが勝ちます。

例えば二人なら、2倍のHP・2倍の攻撃力を持ちます。一人で二人を相手にするとなるとどんなにプレイがうまい人でも勝つのは難しいでしょう。ことAPEXにおいては、実力が近いプレイヤー同士がマッチングするゲームシステムなので、一人対二人以上という戦闘のシチュエーションは絶望的と言えます。

では、それぞれのチームが同じ条件で、遮蔽物のないところで3対3の撃ち合いを行ったらどうなるか。

たいてい想像はつくと思いますが、理論上運のいいほうが勝ちます。もちろんこんな状況になることはなく、いろいろな要素が組み合わさって勝敗が分かれるのでただの運ゲーというわけではありません。

戦闘において、利用することにより有利になる要素の一つとして障害物・遮蔽物があります。APEXには様々な建物、オブジェクト、また地面の起伏や坂などがあります。これらすべては障害物・遮蔽物として利用できます。

障害物に身を隠す利点は、当たり判定を小さくできることにあります。これはすべてのFPSプレイヤーの共通認識として存在します。しかし、APEXではお互いのHPが高いがゆえに、人数有利が極端に働きます。

一発で勝負がつくのなら、自分のタイミングで攻撃を仕掛けられる待てる障害物側が当然有利になります。しかしAPEXでは撃ち合いが長く、キャラクターのスピードが速いです。

障害物の影は隠れられる代わりに、全員まとめて攻撃を仕掛けることができないことが多いです。そこに突っ込まれ、展開されつつ一人ずつ処理をされたら、なんの対処もできずに負けてしまうことになります。

攻め側からしたら、全員が敵が見えていれば、HPは3倍、攻撃力も3倍でほとんどダメージを食らわずに倒すこともできるというわけです。これがFPSをある程度プレイしてきた中級者だからこそ、陥ってしまいがちな一つの落とし穴になります。

実際、プラチナ帯ぐらいまでは、ほとんどの人が建物に籠るのが有利だと考え、ほかの障害物を無視して建物に全員で逃げ込むことが多いですが、ある程度ゲーム性を理解している人からすると、グレネードを投げ込むことによって攻め側の有利を作りやすい建物は袋のネズミになります。

ただ、建物に入るのが間違った選択というわけでもなく、何も考えずにFPSの定石として建物に逃げ込むのがよくない選択ということです。

2.キャラピックにおける考え方

上記で大体のAPEXのゲーム性を解説しました。それを理解したうえでどのようにキャラクターを選ぶべきか解説していきたいと思います。

コースティックやワットソンなどは完全に待ちのタイプのキャラクター、障害物をうまく利用し敵が攻めにくく自分のチームを有利に持っていくことができます。

レイス、バンガロール、オクタン、ブラッドハウンドなどのキャラクターは、突っ込むときに使いやすいスキルがあります。そして突っ込んだ後に倒されそうになった場合は、逃げる性能も高いキャラクターです。

この中のキャラならどれを使ってもいいわけではなく、APEXは3人パーティのチーム戦なので、キャラクターを使っている本人だけでなく、味方もそのスキルを有効活用できるかそして、これに攻撃を仕掛ける際にうまく連携を取って判断できるかがAPEXにおいて非常に大事な考え方となります。

ブラッドハウンドならウォールハックの索敵機能で、味方からはぐれている敵、建物内に籠っている敵を一斉にフォーカスしやすい。ジブラルタルならULTの爆撃により、高所や平地から攻撃してくる敵へのけん制、漁夫を行う際や、敵から逃げる際の足止めに使える。

また、スキルのプロテクトドームで障害物を作ることができる。ホライゾンは高台を取っている敵を無効化することができ、ULTで敵の足止めも可能になる。レヴナントは全員でのゾンビアタック。パスファインダーは全員で移動。

レイスも全員で攻撃に向かうか逃げる際に有効なスキルを持っている。そう、ここで重要なのはそのキャラが持っているスキルを全員使える、もしくは、全員に恩恵があるかどうかということになります。

1で説明したゲーム性についてと、2で説明したキャラピックの考え方について、この二つを理解し、意識した上で、プロプレイヤー達のプレイを見てみると、本当にその通りの動きをしていると感じられると思います。

ただ単にうまい人のピックするキャラや、動きをまねするだけでは駄目で、なぜこのキャラを使っているのか、なぜこういう動きをしているのかという考えを理解することが重要になります。実際に自分がプレイするよりも冷静に受け取れるので、トッププレイヤーのプレイ動画を研究することも大事だと思います。

3.固定を組むべき理由

野良でマスターランクまで行ける人も稀にいますが、基本的に固定を組まないとプラチナランクが限界だと思います。APEXでは瞬時の判断が必要となるので、仲間同士の意思の疎通が重要です。

またキャラピックの際にも、よりバランスのいいパーティ構成をするためにも固定を組んでいたほうがいいと思います。今はクロスプレイも実装されているので、友達同士でも、ネット上で固定メンバーを募集している人でもすぐに一緒にプレイできると思います。

現段階で固定メンバーがいる方でしたら、ぜひこの記事を共有していただけるとありがたいです。

4.PCのスペックについて

この記事を読んでいる時点で、既にお使いのPCスペックに満足されている方が多いとは思いますが、プレイをしていて少し不安定な時があるといった場合は、PCのスペックを見直すことも念頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

EA公式が発表しているAPEXの推奨スペックは以下の通りです。

CPUIntel i5 3750Tおよび同等品
メモリ8GB
グラフィックボードGeForce GTX 970
ストレージ22GB以上の空き容量

しかしこれは、あくまでも60FPS中設定でプレイする際の推奨スペックになるので、この程度じゃ絶対だめだということはありませんが、少し心もとないと感じます。

そこで私個人の、ゲーミングPCの推奨スペックを書いておきます。

CPUIntel Core i7 4世代以上
メモリ16GB
グラフィックボードGeForce GTX 1660 super
ストレージHDD:1TB SSD:256GB

5.周辺機器・環境について

最後に周辺機器と環境について説明していきたいと思います。どんなにプレイがうまくても、パソコンがハイスペックでも、周辺環境が劣悪だと本来のパフォーマンスを発揮することができません。一つ一つ確認していきましょう。

①Wi-Fi環境

まず重要なのがWi-Fi環境です。APEXはオンラインゲームなので電波環境が悪いとラグが生まれ、まともにプレイすることができません。最低でも2.4GHzを安定的に繋げられる環境を整えましょう。

もちろん5GHzのほうがベターです。また、絶対に有線接続のほうがいいです。ルーターとPCの距離に限界がある方などは仕方ないですが、有線接続の方が安定します。Wi-Fi環境は瞬間的な最大風力よりも安定性を重視してください。

また、親機・子機についてですが、基本的に親機はプロバイダと契約した際に送られてくるデフォルトのもので十分です。たまにアンテナがたくさん立っているものがありますが、大した差はないです。

子機については、親機が5GHzのものだったらそれに対応しているものを選んでください。あまりにもルーターとPCが離れている人は中継器をおすすめします。

キーボード・マウス

次はキーボード・マウスです。コントローラーでプレイしているPAD民にはあまり関係ありませんが、プレイに重要な要素となります。ワーク用の一般的なキーボード・マウスではなく、ゲーミング用のものを使いましょう。また、マウスに関しては、サイドボタンが二つ以上ついているものがおすすめです。

ただし、多すぎたら逆に使いこなせないので、適度なものを選びましょう。また、マウスパッドも必要になります。広さなどはユーザーのマウスの感度、机の広さにもよりますが、広いほうが便利です。これはなくても問題ないのですが、マウスバンジーもあったら便利です。

ヘッドセット

前述したとおり、APEXでは仲間との意思疎通が重要になるので、通話を繋げながらプレイする場合、マイクが必要になります。

その際によく選ばれるのがヘッドセットです。スピーカー出力でゲームをプレイするのは、APEXなどの足音や銃声で敵の位置を索敵する必要のあるゲームでは論外ですが、個人的にはヘッドセットを無理に使う必要はないと思います。

私はヘッドセットを使っていたこともあったのですが、長時間つけていると耳・頭が痛くなるという理由で使わなくなり、今では一番楽なのでiPhoneの純正イヤホンを使っています。

ちゃんとしたヘッドセットじゃないと音を聞き取れないのではないかという危惧もありましたが、全く問題ないです。

現在ゲーミングヘッドセットでプレイしている友人よりも、私のほうが早く敵の足音に気づくぐらいなので、イヤホン・ヘッドホンで多少の差は出るとしても、ある程度性能のいいものだったら本人の聴力のほうが重要になるので、無理に高価なヘッドセットを買う必要はないと思います。

マイクについても、相当古いものでなければ、配信をする場合などを除いて、安く手に入る製品で十分だと思います。ただ、接続端子がUSB端子のものがおすすめです。

モニター

最後にモニターです。モニターはゲーマーにとってかなり重要なパーツになります。ご存じの通り、ゲームの描写はパラパラ漫画のようになっていて、より高フレームレートを出せるモニターの方が、ヌルヌルと綺麗に動きます。

そのため単純に目で追える敵がはっきり捉えられるモニターを使用しているプレイヤーのほうが、有利になります。しかし、FPSが高ければ高いほどいいというわけではありません。

仕事柄、様々なFPS値でゲームをプレイしてきましたが、60FPSと120FPSではかなりの差を感じましたが、240FPSになるとそこまで差を感じませんでした。おそらく人間の目で認識できる範囲の限界値なのでしょう。

そして最近は4Kディスプレイなどもありますが、そもそもAPEXが4Kに対応していないので、オーバースペックと言えます。なので、総合的に判断して、プレイのためであったら120FPSモニターで十分だと思います。

ただ、120FPSモニターと144FPSモニターとでは値段に大した差はないので、144FPSモニターをおすすめします。

いかがだったでしょうか、APEXをシーズン1からプレイし続け、プロプレイヤー、ストリーマーの動画をかじりつくように見てきた私の持てる知識をできるだけ伝えられたかなと思います。

まあこれを読んだだけで強くなれるのであればみんなプレデターだよって思われるかもしれませんが、勝つための考え方の一つとして受け取って頂きたいです。

ゲームをやるうえで最も大事なのは楽しむことですが、ずっと負けていて、ずっと勝てないのは楽しくないですよね。やっぱり勝った喜びがあるからこそ楽しめるのがゲームというものですよね。

私もゲーミングPCを販売しているからには、マスターランクぐらいにはなりたいのですが、道は険しいです…。日々精進してまいります。

またこのような皆様のお役に立てるような記事を発信していけたらなと思っています。参考になったと感じていただけたら、ご友人などに共有していただけるとありがたいです。

それでは皆様、良きAPEXライフを!

GP-ZERO ナカムラ

関連記事一覧