コラム

ゲーミングPCを5万円台で自作する方法【フォートナイト編】

高性能のゲーミングPCが欲しいけど高くて手が出ない、そんな方は自作に挑戦してみては!

5万円台で高性能のゲーミングPCを自作するなら“中古PC”と“新品ビデオカード”の組み合わせがポイント

高性能なゲーミングPCは一般的に高価ですが、重要なポイントをおさえれば、5万円台でフォートナイト等の3Dゲームを楽しめるマシーンを自作できます。
但しゲームごとに推奨環境が違うので最悪動作しないこともあります。

まず自分の遊びたいゲームの推奨環境をチェックしましょう。

中古PC選びの4つのポイント

1)CPUはCorei7またはCorei5の第4世代以上

最新のPCゲームはCPU性能がそれなりに必要とされるため、第4世代以上のCore i7またはCore i5を搭載したPCがオススメです。

2)メモリ 8GB以上のメモリ搭載を求めるゲームが多い

中古PCは4GBしか搭載していないものが多ので、メモリスロットに空きがあるPCを選び、4GBを1枚追加して8GBにしましょう。

3)拡張スロット スロットの空きスペースが重要

「拡張スロット」とはビデオカードを取り付ける場所。
高性能のビデオカードはスロット2本分のスペースが必要なのでビデオカードとスロットの空きスペースを事前に確認してください。

ビデオカードは最新機種を選びましょう。

コストパフォーマンスと使い勝手に優れる「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載したビデオカードがオススメ。GTX 1650を搭載したビデオカードは多くが1万5,000円から2万円と入手しやすい商品が多数ございます。

NVIDIA GeForce GTX 1650 LP
(スリムPC 向けのタイプ)

NVIDIA GeForce GTX 1650

【フォートナイト】の動作環境を考えてスリムタイプを組み立ててみました。
結構いいマシンに仕上がっていると思いますが、、、?

ただ放熱のことや今後の拡張を考えるとミドルタワーを選びたいが、品薄で良いものが見つかりません、、、

DELL OPTIPTEX 9020

DELL Precision T1700

気に入った中古PCが見つからなかったり、自作が面倒な方には中古PC専門店GP-ZEROがオススメ。
5万円台のハイスペックPCが多数並んでます。

中古のミドルタワーは品薄で、ネットオークションや秋葉原を探してもなかなか良い品物が見つかりません。
GP-ZEROには300台以上の中古ミドルタワーを在庫、ご要望に合わせてカスタマイズも対応。

中古PC専門店GP-ZEROが選ばれる理由

1)リース落ちの中古ミドルタワーを豊富に在庫

最新のPCゲーム向けに第4世代以降のCore i7またはCore i5を搭載した中古ミドルタワーを日本中から日々集めています。

2)新品のグラフィックボードしか搭載しない

コストパフォーマンスと快適性能を考えて最新機種を選んでおります。

3)到着後すぐにゲームが楽しめるようにセットアップ

OSやゲームのインストールも無料、オプションでゲーミングモニターやキーボードもご提供。

4)ランク表で性能が統一されているので、商品が選びやすい。

中古PCの大量購買によって自作PCの材料費と同等価格の5万円台の完成品ゲーミングPCを販売している。

関連記事一覧